ものづくりの考え|デザイナー・企業との共同企画

アバン設計×SAKAE BOSHIN(ボウシン)

制震補強金具 BOSHIN

  • Q1栄精機を何で知りましたか?

    弓型制震金具開発の際、バイクフレーム修正機を製作中の友人から「親切に相談のってくれる会社」として紹介されました。

  • Q2栄精機にどういった第一印象をもちましたか?

    紹介通り親切に相談に乗ってもらい、素材決定の判断をさせていただきました。とても真面目な社風を感じました。

  • Q3どういった目標をもって商品を開発しましたか?

    町場の工務店が扱いやすく(施工性、経済性)ハウスメーカーに対抗出来るだけのスペックを持った制震金具とし、在来工法の特長を生かすとともに大多数のユーザーに利用していただけたらと思い、開発を進めました。

  • Q4開発中に困ったことはありましたか?またそれをどうやって克服しましたか?

    「揺れを減らしつつも復元機能を持つ」
    こんな欲張りな制震金具はこれまでに無く、そのバランス調整に苦労しました。試験を何度も重ね、板バネの厚み、枚数、伝達バネの硬度、板バネの尺の調整で三位一体のバランスの良い使い易いBOSHIN(ボウシン)が完成しました。

    BOSHIN

  • Q5開発にあたって特にこだわりを持った部分はどこですか?

    1.まず揺れを減らす
    2.揺れによる変形を元に戻す
    3.必要な抵抗力を持つ
    以上の、三位一体の機能を合わせ持つことです。

  • Q6そのほか栄精機との開発秘話があれば教えて下さい。

    栄精機さんはもともと精密機械が得意ということで簡単に扱える小型起震機の製作もお願いしました。
    お陰でBOSHIN(ボウシン)の優位性を簡単に表現できるようになりました。

  • Q7出来上がった商品に寄せられた声を、教えてください。

    BOSHIN(ボウシン)を紹介する機会は年に一度、ビッグサイトに展示することしかできませんが、それでもこの4年間で全国800棟で活用され、100社を超える工務店で活用されています。「費用対効果抜群」で新築でもリフォームでも気軽に使えるとの声が寄せられています。

  • Q8栄精機とコラボレーションしてみてどうでしたか?

    とにかく気軽に相談に乗ってもらえる。
    ユーザー・開発者・製作者=文字通り三位一体のコラボが出来る会社だと思います。

    株式会社アバン設計 伊藤 昌幸 社長
    http://www.avantnethome.com/別ウィンドウで開きます

  • デザイナー・企業との共同企画一覧へ